一人暮らしの引っ越しで準備しておきたい事と掛かる費用

一人暮らしの引っ越しで準備しておきたい事と掛かる費用

>

引越しの準備を整える

どんな書類が必要か

引越しをするには役所にも手続きをしなくてはなりません。
転出転入届以外にも様々な手続きがあります。
役所に行ってから気がついて、届け出に必要な書類を持ってっていなかったら再度出直さなければなりません。
引越しのバタバタしている中で役所の行き来は意外と面倒ですので一度で全部済むように事前にどんな手続きが必要なのかの確認と準備をしておきましょう。

一人暮らしに該当するのは転出と転居もしくは転入届け、マイナンバー、印鑑登録の住所変更が必要です。
国保や国民年金も該当者は変更の手続きが必要になります。

とくにマイナンバーは作成していない人も多いですし、通知書なんてどこにあるかわからない人もいます。
引っ越しの荷物の中から探し出すのは大変ですから荷造り前に手元に置いておきましょう。

賃貸契約時に必要な費用と書類

不動産契約時に提出する書類も市役所に取りに行く必要がある物もあるので、慌てずにすむよう物件探しをしながら書類も揃え始めましょう。

一般的に必要だと言われている書類は身分証明書、住民票、印鑑登録証と印鑑、収入を証明する書類、金融機関の口座番号です。
不動産会社や物件によって保障制度に加入したり連帯保証人が必要になる場合があり、必要な書類も変わります。

費用に関しても物件により変わるのですが、一般的には敷金、礼金、前家賃、鍵交換費用、火災保険の加入費などがあります。
どの位用意しておけば良いのか気になると思いますが、これも一般的な考えではありますが家賃の4倍から5倍が必要だと言われているので目安として考えておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る