一人暮らしの引っ越しで準備しておきたい事と掛かる費用

引越しの準備を整える

引越しは不動産屋に支払う初期費用、役所での書類発行等の費用、引っ越し費用など細かい出費から大きな出費までかかるものです。 契約に関わる初期費用は家賃や不動産屋によっても項目や金額が異なります。 物件情報の細かい字も確認したり不動産屋に聞くなどして事前にしっかりチェックしておきましょう。

新生活スタートの準備

新生活をスタートするにはライフラインを開始させる手続き、生活に必要な用品を準備しなくてはなりません。 日用品ならコンビニでも手に入るので引越し当日でもどうにでもなりますが、家具や家電やカーテンなどは感覚で買ってしまうと合わない場合があるので、事前にサイズを確認しておく必要があります。

引越し当日の準備

一人暮らしなら荷物が少ないので業者に依頼せずに自分や誰かに協力してもらって運び出す事も可能かもしれませんが、すでに家電類やベットなどの大物家具がある場合には、引っ越し業者に頼む事になりそうです。 複数の業者から見積もりを取り、金額も対応も含めて納得のいくところに依頼したいですね。

引越しに関わる初期費用を計算する

一人暮らしの場合、もともとひとり暮らしをしていて別の物件に引越しをする場合もあれば、初めて一人暮らしをスタートするなどがあるかと思います。
どちらにしても、費用面の準備、生活を始める為の手続きとその準備が必要になります。

一人暮らしから別の物件に引っ越す場合には、新しく借りる部屋の初期費用に加えて元の部屋に退去費用が発生する場合もあります。
引っ越しのタイミングによっては数日は両方の部屋の家賃を支払う必要も出てきますし、引っ越し業者に依頼をして新居へ荷物を運ぶ事になるでしょう。
手続きも元の住まいと新居を同時進行でしなくてはなりませんし、新居で不要な物は処分しておかないと引っ越し費用にも影響してしまいます。

初めての一人暮らしなら、引っ越し業者に頼まなくても自分か誰かに頼んで車が手配できれば済むかと思います。
ただ、その分最低限必要な家具や家電類、こまごまとした生活に必要な物は揃えなければならないので、そこに意外と費用が必要になるかもしれません。
家電類に関してはリサイクルショップを利用するなど工夫をすれば抑えられます。

部屋を契約するにあたって最初に不動産屋に支払う金額がだいたいいくら必要になるのかが一番気になる部分なのではないでしょうか。
一般的に言われているのは、家賃に対して4.5倍から5倍の総額です。
今は敷金礼金が0という物件もあるので変動はありますが、その位の金額的用意が必要
だと考えておくと良いでしょう。

おすすめリンク

全国の引っ越し業者の数

全国に引っ越し業者はどれくらいあると思いますか?今回はそんな疑問を解決するべく調査をしてみました。

TOPへ戻る